Public Events

WPI-SKCM² ネットワーキングイベント / Networking Event

Senri Hankyu Hotel Osaka

*English follows Japanese

開催日時
2024年3月11日(月曜)17:30 ~ 19:30

開催場所
千里阪急ホテル(大阪) 
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町2-1(アクセス方法:交通アクセス:千里阪急ホテル(大阪))

参加費
一般の方: 5,000円
学術関係者: 3,000円


参加登録はこちらから(締切:3月4日(月曜)8:30 JST)

イベント概要

・ネットワーキングの機会
世界のトップ科学者との交流を通じて、新たなコラボレーションを育みます。

・研究成果の共有
最先端の実験・理論・シミュレーション研究とその成果にかかる知見の共有を行います。(超物質、トポロジカル・ソリトン、キラリティ、ソフトマター、磁石、コロイド、ポリマー、量子材料、バイオマテリアル、タンパク質、アクティブマター、光学、エネルギー効率など)

・社会応用への高い可能性の実現
情報ストレージ、エネルギー効率に優れた材料、テレコミュニケーションなど、キラルノット超物質の社会的な応用可能性について理解を深めます。

イベントの趣旨・目的

 このたび、文部科学省WPI(世界トップ研究レベル拠点)の一つである広島大学「持続可能性に寄与するキラルノット超物質研究拠点(SKCM2)」は、世界的に著名な科学者と産業界とのエンゲージメントを深め、研究成果に基づくイノベーション創出や社会実装を加速するためのネットワーキング・イベントを開催します。

 SKCM2は、自然物質の構成要素を人工的に模擬することを目指し、対称性と位相幾何学に基づくアイデアを活用し、あらかじめ設計可能な新しい形の超物質を作り出すという革新的基礎研究の確立を目指しています。また、その成果を生かし、エネルギー需要の増大や気候変動への対応、アルツハイマー病の克服のような難題の解決にグローバルに取り組んでいます。

 また、広島大学「地域・特色ある研究大学強化促進事業(J-PEAKS)」(計55億円、5年間)の卓越拠点として、「放射光による物質の視える化技術を核とした半導体・超物質及びバイオ領域融合型産業集積エコシステムの実現」を牽引します。

 現在、SKCM2には、MIT、コロラド大学ボルダー校、ジョージア工科大学(米国)、ユトレヒト大学(オランダ)、ケンブリッジ大学(英国)、マックスプランク研究所(ドイツ)、ブロツワフ大学(ポーランド)、アカデミアシニカ(台湾)など、世界トップの研究機関、研究者がアンダー・ワンルーフで集っています。世界最先端の研究者たちが、超物質、結び目理論、トポロジカル・ソリトン、キラリティ、ソフトマター、磁石、コロイド、ポリマー、量子材料、バイオマテリアル、タンパク質、アクティブマター、光学、生命の起源、エネルギー効率などのテーマに取り組んでいます。

 本イベントの目的は、学術界と多様な産業界の方々が一堂に会し、研究の創造から社会実装までのプロセスの加速につなげることです。特に、キラルな結び目を持つ超物質の実験、理論、シミュレーションから得られる成果に関する情報を共有し、社会的応用の高い可能性について、交流を契機に理解を深めることです。

 参加者の方々は、ハーバード大学、プリンストン大学、ペンシルバニア大学、カリフォルニア大学サンタバーバラ校など、日本や国際的な一流機関の研究者とのネットワーキングを通じ、共同研究や知的財産の活用に向けた絶好の機会を創出することができます。

 主催者は、本事業が、知識やアイデアの交流のための貴重なプラットフォームを提供し、研究と産業連携によるシナジーの進展につながることを期待しております。皆様のご参加をお待ちしております。


English Information

Event Date and Time:
March 11, 2024 (Monday) 5:30 PM – 7:30 PM

Location:
Senri Hankyu Hotel Osaka
560-0082, 2-1 Shisenri-Higashimachi, Toyonaka City, Osaka (Access:Access to Senri Hankyu Hotel Osaka )

Participation Fee:
General: 5,000 JPY
Academia: 3,000 JPY


Register Here (Registration Deadline: March 4 (Mon) 8:30 JST)

Event Highlights

Networking Opportunities:
A chance to foster new collaborations through interactions with top global scientists.

Sharing of Research Findings:
Information exchange on experimental, theoretical, and simulated outcomes related to topics including metamaterials, topological solitons, chirality, soft matter, magnets, colloids, polymers, quantum materials, biomaterials, proteins, active matter, optics, energy efficiency and more.

Realizing High Potential for Social Applications:
Deepening understanding of the societal applications of Knotted Chiral Meta Matter, including information storage, energy-efficient materials, telecommunications and much more.
Back to List

pagetop